埼玉県指定旧跡

有形文化財無形民俗文化財史跡名勝天然記念物旧跡重要選定遺跡埼玉県指定トップ

■上杉憲英墓(うえすぎのりふさはか)(国済寺) 

 深谷上杉氏は、14世紀後半ごろ、庁鼻和(こばなわ)(現国済寺)に城を構えた上杉憲英(のりふさ)に始まる。
 憲英は、上野国守護、蔵人大夫、奥州管領などをつとめ、川越の平一揆の討伐や上野国の新田一族の平定に活躍した。憲英は、応永11年(1404)に没し、憲英の墓が国済寺本堂の左手奥にあり、基礎に「国済寺殿憲英大宗常興大禅定門」と刻まれている。
 憲英の墓の手前には、深谷上杉氏一族の墓が並び、2代憲光、6代憲清の墓などがある。

■渋沢栄一生地(しぶさわえいいちせいち)

 後に「日本近代資本主義の父」と呼ばれる渋沢栄一は、天保11年(1840)、ここ血洗島に生まれた。
 栄一が生まれた家そのものは残されていないが、明治28年に栄一の妹夫婦の市郎・貞子によって建てられた主屋等が残され、現在、市の管理の下、旧渋沢邸「中の家」として公開している。

 

名称

員数

時代

所在地

所有者

概要

指定年月日

変更年月日

1 深谷城跡
(ふかやじょうせき)
1構 室町〜江戸 仲町・本住町・田谷 深谷市ほか

 

T13.3.31 指定替
S36.9.1

2

岡部藩陣屋跡
(おかべはんじんやあと)

 

江戸

岡部1201ほか

岡部自治会

幕末の兵学者で、わが国近代砲術の祖、高島秋帆が一時幽閉された。

S13.3.31

指定替
S36.9.1
名称変更
H8.3.19

3

榛沢六郎成清の供養塔
(はんざわろくろうなりきよのくようとう)

 

江戸

後榛沢437

後榛沢自治会

榛沢六郎は、元久2年(1205)二俣川で戦死。供養塔は、享保7年(1722)建立

T14.3.31

指定替
S38.8.27
4 上杉憲英墓
(うえすぎのりふさはか)
1基 室町 国済寺521 国済禅寺 宝篋印塔。応永11年銘 S10.3.31 指定替
S38.8.27
5 渋沢栄一生地
(しぶさわえいいちせいち)
  明治 血洗島247−2 深谷市

 

S26.3.31 指定替
S58.3.22

深谷市のページ