真田大八に関する偽系図に出てくるマサノブは 実在した人物である

仙台の幸村の子孫と称する人は 2015年11月末に出版された「真田幸村の真実(宝島社)」の中で 以上の様に「実在しない人物を作りあげた」と

記しているが マサノブは 幕府の正式な系図である「寛政重修諸家譜」では 実在した人物である。居ないのは守信である。

よって、幕府の系図によれば 偽系図を作りあげて 幕府を信用させたと言う事自体が間違いである事になります。


前のページに戻る

真田丸の最初に戻る

名字の最初に戻る