真田政信は 真田信尹(信昌)の息子であり、真田守信(仙台真田氏の始祖)の親父です

真田正信は 政信の弟であり、信勝(内蔵助)の事です。

以下の 伊達世臣家譜で明らかです。

 

また 以下は真田信尹が加津野家に養子に行っていた時に出来た子(幼名 出羽)がいた事の古文書です。
この出羽が後の政信です。若い頃は加津野を名乗っていたので 幕府の系図から省かれた。

よって、仙台真田氏は 真田幸村の子孫ではありません、幸村の叔父さんの子孫です。

始祖 守信が仙台に行った頃は 寬永の時代になっており、幸村人気で娘たちが大名家に嫁に行った後であり

幸村の娘、幸村の息子を 堂々と名乗れるようになっていた時代です。

「守信をわざと信尹の子孫とした」と云う仙台真田の子孫の説は デタラメであり、伊達世臣家譜には ありのままが記されています。

仙台真田氏は 幸村の子孫でないので 幸村使用の武具も持っているはずもないのです。

蔵王町の館に展示された 槍や刀は 代々伝わっていたのなら 昭和33年に出来た「銃砲刀剣類所持等取締法」に従い、

その頃 宮城県の公安委員会から許可証が出されているはずです。展示館の責任者は よく確認して展示する義務があります。


* 「片倉守信は 真田大八でない」に戻る

NHK真田丸に戻る

ルーツ発見 名字の由来の最初に戻る