西郷どん(せごどん)

家系図

          「誰も書かなかった西郷隆盛の謎・監修 徳永和喜(西郷南洲顕彰館館長)・発行 ㈱ KADOKAWA 」よりのページを画像化し、掲載させていただきました。

西郷家のルーツは 家系の専門家(太田亮 等)によれば菊池氏を遡り、紀氏です。藤原氏とするのは 間違いです。

姓氏家系大辞典(全国の市営、県営、国立図書館で見ることが可能)の著者 太田亮 大先生は、菊池氏の発祥初期の家紋は、
「鷹の羽」ではなく、 「日足」であるからして、 高木、大村、草野と 同族にして 大宰府官たりし氏である」と結論づけております。

又、 「西郷隆盛の甥である西郷従徳(親父は元老で元帥海軍大将、従兄弟の大山巌は元帥 陸軍大将)が当時の人脈を駆使して ルーツを調べさせたが

室町 鎌倉と遡ることは 出来なかった」と。隆盛の地元である 鹿児島県の西郷南洲顕彰館から回答を得ています。2013年6月19日。

藤原氏としている本は 間違った本を参考にしているので 結果として 間違いとなります。

西郷隆盛が藤原氏かどうかは 江戸時代の先祖の墓に本姓である「藤原」が付いているかどうかも 一つの判断材料になります。

隆盛のお爺さんである隆充の墓に「西郷龍右衛門藤原隆充」と彫られてあれば藤原氏の可能性は高まります。

因みに近藤勇の墓石には「近藤勇藤原昌宣」と刻まれている。 

西郷南洲顕彰館館長が監修した本には「西郷家では 云々」と語り継がれていた、とか、「・・と云う説が有る」と 断定を避けているのは、この為です。

尚、小生 藤原のページは 家系に重きを置いて 掲載しているサイトの為、隆盛の事蹟などは、簡略化しています。

よって 西郷氏の出自について 詳しくは ここをご覧下さい

菊池氏のルーツが紀氏である理由は 古文書によると以下のようになります。

延久4年(1072年)、菊池則隆(菊池家初代)が創建した菩提所 円通寺(菊池市)縁起には 則隆を「鹿島大夫将監則隆」と載す。
これについて 姓氏家系大辞典の太田先生は

「しからば この人は 肥前鹿島の人にて、益々 高木、大村氏と同族なるを推すに足るべし。けだし、これらの家は
大宰府 府官たりし、紀氏族にして、肥前より起こり、菊池氏の祖は 肥後に移りしもの。従って、それより前、《天慶の頃、肥後国司となり、
七大社を造建し、七大寺を草創せし》と伝えられる《尾藤少卿 紀隆房》とも関係あり。殊に円通寺より一層菊池氏と関係を有する輪足山東福寺
の縁起にも《天慶元年(938)、国中を勧進しければ、時の国司 尾藤肥後守隆房、大檀那となり、ついに大願成就す》と。
而して 菊池氏が最初の通字なる隆の字(則隆、政隆、保隆、経隆)は、この隆房の隆をうけしものと考へべし。
而して 菊池氏が その実 紀氏なるに藤原氏と云うに至りしは、隆房が既に明白に紀姓なるに関わらず、その称号を尾藤と云いて、既に
藤原姓を冒せしに起因すると考えらる。然らば 後に菊池氏が その祖と云う道隆、隆家など云う人は、その実、この隆房に当たるべし。
尾藤少卿の少卿なる語は 太宰少弐の唐名なり。蓋し、太宰府官たりし紀氏が、何らかの縁故によりて藤原姓を冒し、肥後に移りて
肥藤と称せしを、後に尾藤と書きしものか。尚、少卿は 少弐の唐名なれど、その実、隆房は 少監程の人にて、肥後国司となりしものなるべし」と記しています。

更に詳しい菊池族のサイトは そこをご覧下さい。

 

  薩摩藩の武士の階級と家数(1846年頃・弘化3年)

上 士 御一門(4家):重富家、加治木家、垂水家、今和泉家。島津家の親戚 或いは 親戚待遇。
一所持(29家):外城を持つ領主。
一所持格(12家):外城に準ずる領地と家臣団を持つ重臣。
寄合(52家):御一門家や一所持の次男や三男が立てた家柄
寄合並(10家):
下 士 無格(2家)
小番(760家)
新番(24家)
御小姓組(3094家)
与力(准士分)。  各座付属の士である。(※座=役所のこと)

* 小松帯刀(家老)は「一所持」。西郷吉之助(後の隆盛)、大久保一蔵(利通)は「御小姓組」

 

 

 

NHK大河ドラマ 西郷どん

過去のNHK大河ドラマ

井伊直虎

真田丸

花燃ゆ

黒田官兵衛

八重の桜

平清盛

坂本龍馬/ペリー来航

天地人・直江兼続

篤姫

風林火山

功名が辻

義経

新選組

宮本武蔵

利家と まつ

北條時宗

葵三代

元禄繚乱


名字の最初に戻る