仙台人名大辞書(昭和8年 出版)

仙台人名大辞書の著者 菊田定郷は、明治元年の生まれで 小学校卒業後、陸軍の仙台鎮台に勤務したり、宮城県の本願寺の教務所職員をしたり、

宮城県音楽講習所で資格を取得するなど、さまざまな職種に興味をもち挑戦しているが、永続性がなかったと云う(仙臺郷土研究会)、

その後、東北毎日新聞社や奥羽新聞社で記者生活を送ったり、古書籍業を経営したり、仙台市会議員になったり、仙台市史編纂委員になった人。

即ち、歴史学者でもなければ、国文学の学者でも有りません

新聞記者を経験していることから情報集めは うまかったものと思いますが、真田幸村に関しては 江戸時代から講談物が出回った事から

フィクションなのか、史実なのかの区別が出来なかったものと思われる。勿論、宮城県から外に出たことも無い人なので

信州に本家のある真田氏の正史は 見ることが出来ませんでした。

よって、その大辞書には 誤りが載ることになります。

尚、勿論、小生 藤原は、真田氏関係以外の記事は 全て正しい、正確であると信じています。(真田氏関係以外は 目を通しておりません)。

 


前のページに戻る

真田丸の最初に戻る

名字の最初に戻る